明日あさってとノートルダム清心の学園祭が催されます。

コーヒーストーリー開店以来、毎年学園祭の同窓会マイショップに出店させていただいております。
昨年は、4月に妻の敬子の病気が発覚したため、スタッフの真理子さんと同期のお友達に手伝っていただきました。
今年も、妻は亡くなっていますが、同窓会のご厚意により出店を許可していただきました。
昨年同様、スタッフの真理子さんと同期のお友達で、皆様をお待ちしております。

敬子がND清心に還ります。
半年前に亡くなっているので、体は還りませんが、
彼女がブレンドしたコーヒーとして、学校に、お友達、先生の元に還ります。

私の考えるND清心の学園祭の魅力は、同窓生が参加するところにあります。
1年に一度、学園祭に参加することで、学校に還るのです。
敬子も、学園祭を準備の段階から楽しみにしてきました。
特に、コーヒー豆屋を始めて、マイショップとして出店するようになってからは、
忙しい5月なのですが、バタバタしながらも生き生きとして参加していました。

このブレンドコーヒーは、
「StoryBlendけいこさん」というネーミングで、多くの方に喜ばれています。
昨年4月に病気がわかった際に、
「これまでお世話になった方々に、ありがとうの気持ちをコーヒーの香りで伝えたい」
という想いから敬子が作ったというのがブレンドの由来です。

彼女の好きだった「ケニアマサイ」をベースにした特別なコーヒーで、
香り、コク、後味ともに抜群のおいしさを表現した作品です。
彼女の「ありがとう」という気持ちが、在りし日の彼女の笑顔と共に、胸の奥まで伝わってきます。

明日あさっての学園祭でも、このコーヒーを販売しますね。

皆様、敬子を学園祭に参加させて下さり、ありがとうございました。