アイスコーヒーを水出しで淹れる。
まさに目からウロコのアイスコーヒーを楽しめます。
お手頃な器具を使った水出しアイスコーヒーの淹れ方をご紹介しましょう!

IWAKIのウォータードリップコーヒーサーバーを用意します。
この器具は浸け置きタイプではなく、ドリップ式です。
グッドデザイン賞を受賞したかわいらしい形です。
淹れ方はいたって簡単
いくつかのポイントを押さえれば、おいしいアイスコーヒーが出来上がります。

 

 

コーヒー豆を入れるフィルターです。
中性洗剤とやわらかいスポンジでよく洗って下さい。

 

アイスコーヒー用に焙煎したコーヒー豆を
計量スプーン4杯分フィルターに入れて下さい。

 

そこへ水を入れ、粉をマドラー等でかきまぜ、まんべんなく濡らします。ポイント1
注意!これをしていないと、中心部だけ水が透るので薄いアイスコーヒーになってしまいます。

 

水タンクに450mlの水をゆっくり入れ、ほこりが入らないようフタをします。

 

水が滴下し始めるとコーヒー粉にしみこみ、フィルターからコーヒー液が滴下します。

 

目からウロコのアイスコーヒーが出来ました!
そのままで飲んでもおいしい

約2時間で4杯分約500mlのコーヒーが
出来上がります。

ウォータードリップコーヒーサーバーの特徴
1.ゆっくり時間をかけて抽出されたコーヒーは、コクのある、澄んだ香り高いコーヒーです。
2.コーヒーの粉に熱や衝撃が加わらないため、脂肪分の溶け出しがなく、酸化しにくいコーヒーです。(保存性があります)
3.冷蔵庫で1、2日保存しても作りたてのクリアな味が保てます。
4.電子レンジで温めて香り高いホットコーヒーとしてもお飲みいただけます。

<水について>
市販のミネラルウォーターまたは家庭の水道水をご利用下さい。

<コーヒー粉について>
深煎りのアイスコーヒー用または水出しコーヒー用の中細挽きで、挽きたてをお使い下さい。粗挽きだと味が薄くなり、細挽き、極細挽きはフィルターの目を詰まらせます。

お手入れ ポイント2
水タンクの点滴ノズルは、ご使用前には必ず、歯ブラシ等、先が細くやわらかいもので掃除して下さい。
これを怠ると、水が滴下しなかったり、滴下が遅くて時間がかかりすぎたりすることがあります。