コーヒー豆が膨らむことを、少し理屈っぽく語ってみましょう。

コーヒー豆を焙煎すると、炭酸ガスが発生します。
この豆を、粉にすると炭酸ガスが放出されますが、
そのときに、湯を注ぐとモクモクと膨れあがるのです。

そのため、いくら焙煎して間のないコーヒー豆でも、
粉にして持って帰ると、粉にした段階で多くの炭酸ガスが放出されるため、
家に持ち帰って湯を注いでも、モクモクが見られない場合があります。

実は、その炭酸ガスには大切な意味があるのです・・・

明日に続きます。

14570599_1196135030461216_6780352407349878636_o

“緑の豆のあるコーヒーステーション”
コーヒーストーリー・ニシナ屋
広島市中区立町1-12 イナリビル2F
TEL 082-246-8763