コーヒー豆と炭酸ガスには大切な関係があります。

この炭酸ガスには、コーヒー豆の劣化を弱めるという効果があります。
別の言い方をすると、コーヒー豆の香りを保とうとする働きがあるのです。

ということは、
「炭酸ガスが少なくなる=劣化が進む=香りが弱くなる」
別の角度から見ると
「炭酸ガスが少なくなる=膨らまない=焙煎して日がたっている」
この見方を統合すると
「膨らまない=焙煎して日がたっている=劣化が進んでいる=香りが弱くなる」

このような式が成り立ちそうです。

コーヒー豆も生鮮食品と同じ。
フレッシュで鮮度の良いコーヒー豆は、膨らみが違います。
それは、コーヒーの香りや味わいにつながるのです。

14322322_1179522605455792_4484169867694945377_n

“緑の豆のあるコーヒーステーション”
コーヒーストーリー・ニシナ屋
広島市中区立町1-12 イナリビル2F
TEL 082-246-8763