2018年1月15日、妻が亡くなり、残された店主とその娘の二人旅が始まる。

この前の日曜日、娘の小学校最後の運動会が開催されました。
小学1年の時は中野東小学校。
2年からは現在の袋町小学校。
袋町小学校は広島市の中心部にある学校で、ご多分に漏れず、児童数は少ない。
そのため、保護者や地域の方々の参加型運動会です。

今年、娘は応援団の太鼓係でした。
自宅近所の神社で催される秋祭りには、地域で獅子舞が行われます。
保育園のころより、おじいちゃんに獅子舞の太鼓を教えてもらっていました。
そんなことで、太鼓になじみがあったのでしょう。
太鼓を始め、下級生を盛り上げるなど活躍していました。

私自身は運動会はあまり好きではありませんでした。
足が遅いとか、運動が鈍いとかの理由もありますが、
「人との比較に生きる(大げさですが)」ことに息苦しさを覚えていたのでしょう。

娘は、凹凸が激しいタイプです(私も確実にそのタイプですが)。
「人との比較に生きる」よりも「自分を深め、自分らしさを発揮する」生き方が、
自らの力を発揮できそうです。

娘にとって、自分らしさを充分に発揮し、楽しんだ今年の運動会。
入学時・転校時には随分と心配していましたが、まわりにはお友達がたくさんいて、
一緒に最後の運動会という “ 時 ” を楽しんでいるようでした。
私は、ビデオを撮っていましたが、何度となく目頭が熱くなりました。

「人生、日々のたゆまない(時に苦しささえある)努力を積み重ねて花開く」
とよく言われますが、
そんな苦しみが強調される人生以外にも、
「人生、毎日を楽しく、自分を生かしていく」
そんな生き方も存在するのではないでしょうか。
私や娘のようなタイプは、自分探しをしつつ、自分を生かす生き方を模索して行くとこが大切なようです。

 

暑い日が増えました。
こんな季節は、アイスコーヒーが美味しいですよね。
うちでは、バリアラビカをアイス用に焙煎した「バリうまアイス」
水出しで2~3時間かけておとしています。
水出しの特長は、すっきりしてまろやかなこと。
アイスコーヒーが苦手な人に共通する「後口の悪さ」が感じされない美味しさです。
豆も良いということもあろうかと思います。

アイスコーヒーは、ホットよりも「ぐぐぐっと」いっちゃいますよね。
暑いときなので、のどごし良い飲み物をお楽しみ下さい。