コーヒーを淹れる際、「湯を注いだときにコーヒー豆が膨らむときと、そうでないときとがある。」と、よくお客様に言われます。
あのコーヒー豆がモクモクと膨れる様は、驚きですよね。
私も、はじめてモクモクを見たときは、「これはどうしたことか!」と思わず声を上げたのを思い出します。
それまで缶入りのコーヒー豆を淹れたときなどは、湯が真ん中を通り、むしろへこんでいくようでした。
お客様も、同じような経験をされているみたいです。

結論から言うと、「コーヒー豆が焙煎したてで新しく、さらに粉に挽き立ての場合」は、必ずモクモクと盛り上がってきます。
つまり、コーヒー豆の鮮度により、モクモク度が変わってくるようです。

これを理屈っぽく言うと・・・     明日に続きます

1_800

“緑の豆のあるコーヒーステーション”
コーヒーストーリー・ニシナ屋
広島市中区立町1-12 イナリビル2F
TEL 082-246-8763